和歌山でおすすめの注文住宅会社ガイド » 和歌山で家を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 耐震

公開日: |最終更新日時:

耐震

我が国は、世界4位の地震発生率を誇るトップレベルの地震大国です。住まう人の生命・財産を脅かす震災リスクから身を守るためには、耐震住宅への正しい知識と理解が必要不可欠。住宅の耐震性について詳しく見ていきましょう。

耐震住宅

地震に対する住宅の強度は、建築基準法において「耐震基準」という耐震強度の目安が定められています。

そのため、一般住宅でも最低限の耐震性を備えていますが、耐震住宅は地震への抵抗力を上げる工法が用いられており、標準を大幅に上回る強度を持っています。

耐震住宅の特徴

耐震住宅とは、文字通り「地震の衝撃を耐える」ことに特化している住宅です。耐震強度は3種の等級に分けられた「耐震等級」によって表され、等級1<等級2<等級3の順にランクが上がります。

耐震住宅は等級1の1.25倍の強度を持つ「等級2」、または最高の耐震性能を示す「等級3」であり、大規模な地震にも耐えうる耐震強度を誇ります。

耐震住宅のメリット

耐震住宅の大きなメリットは、建物の倒壊による人命・財産の喪失リスクを回避できる点です。地震だけでなく、強風・台風などの気象災害による影響も防ぐことができます。

さらに、耐震住宅は免震・制震住宅よりもリーズナブルで工期も短く、大掛かりな地下構造による設定制限もないので、比較的自由なプランニングが可能です。

耐震のデメリット

耐震住宅は地震による“倒壊”には強いものの、揺れが建物に直接伝わる設計のためダメージが蓄積しやすく、ひび・劣化などの損傷に弱いという欠点があります。

また、免震住宅に比べると住宅内が揺れやすいため、地震発生時は揺れによる転倒・落下への注意が必要です。

耐震住宅の工法

耐震住宅には、住宅の耐震強度を高める「耐震補強工法」が使われています。基本的には複数の工法を用いることが多く、耐震性に優れた建材や補強材を組み合わせ、地震の揺れによる影響を和らげる設計を行います。

工法の特徴

耐震補強工法は建物の壁面や構造体に加工を施し、住宅そのものの強度を高める工法です。耐震性に優れたコンクリート壁を増設したり、鉄骨や壁をカーボンファイバーで補強することで、建物の強度を引き上げます。

また、柱と壁の間にスリット(隙間)を設けて揺れを緩和するなど、特殊な設計を行う工法もあります。

工法の種類

代表的な耐震補強工法として、以下のような方法が挙げられます。

鉄筋コンクリート造住宅の場合は、ブレースの設置や耐震壁の新設・増設による強度向上のほか、柱にモルタル充填して靭性を向上する工法が用いられます。

選ぶ際のポイント

耐震補強工法を選ぶ際のポイントは、住んでいる地域の環境や住む人のニーズです。地震や台風などの気象災害が多い地域環境であれば、補強材による強度向上が適しています。

逆に、「なるべく費用を抑えたい」「自由に設計したい」という場合は、コストが安い壁面補強が向いています。

和歌山市内で
デザイン面で特徴のある工務店5

設計から自社大工による
一貫した施工管理

浅井良工務店
浅井良工務店の施工画像
施工事例の引用元:浅井良工務店公式HP
https://www.asairyo.com/works/18641/

公式HP

電話で問い合わせる

建築家と作る
高性能デザイン住宅
サンクリエーション
サンクリエーションの施工画像
施工事例の引用元:サンクリエーション公式HP
https://3cri.com/works/二世帯住宅/

公式HP

電話で問い合わせる

紀州木材を使用した
地産地消の家づくり
タナカ工務店
タナカ工務店の施工画像
施工事例の引用元:タナカ工務店公式HP
https://tanaka-ie.jp/works/works-282/

公式HP

電話で問い合わせる

住む人を一番に考えた
暮らしを豊かにするデザイン
DESIGN BASE
DESIGN BASEの施工画像
施工事例の引用元:DESIGN BASE公式HP
https://www.designbase-coltd.com/がるばのいえ

公式HP

電話で問い合わせる

伝統技法を用いた
古き良き家づくり

大彦
大彦の施工画像
施工事例の引用元:大彦公式HP
http://www.daihiko.jp/work/house029.html

公式HP

電話で問い合わせる

※和歌山県内で、自社施工且つ一級建築士が在籍している工務店をピックアップしています。(2021年6月時点の調査情報)

和歌山で建てる理想の注文住宅ガイドを見る